保育士さんとの交流ノート: 先生方に伝えたい保護者の本当の気持ち

2013年度のフォーラムにおいて立案され、配布の準備まで完了しましたが、市や園からの配布の許可が得られず、見送られてしまった「保育士さんとの交流ノート」をご紹介します。

 

保育幼稚園課に協力をいただいて、この配布の見送りの背景を詳しく分析してみたところ、近年のフォーラムが、行政に対して「保護者組合」とも感じられる強硬な働きかけを続けており、保育幼稚園課だけでなく保育園の園長先生たちに不安が生じていたことに原因があるという結論に至りました。

 

2013年度を契機に、浦安保育フォーラムは、浦安市役所と保育園と保育士と保護者を含めて「みんなに優しい父母会連絡会」を目指します。最近のフォーラム活動での強硬な姿勢によって、行政と父母会連絡会との間にできてしまった心の壁を、時間をかけて取り除こうとしています。

 

フォーラムからの保育士さんへの声だけをこちらのページに集めてあります。何か共感のできるコメントがありましたら、ご遠慮なくお返事をください。お返事頂いた内容は匿名で処理されます。浦安市役所との交渉の材料にすることはありません。

 

この交流ノートはデジタルファイルとなっており、市役所や園長、組合の保育士の先生方にはすでにお渡ししています。ファイルが必要でしたら、メール添付にてお送りしますのでフォーラムまでご一報ください。)

 

 

保育士さんとの交流ノート(全文)

浦保フォーラム第3号

平成25年9月29日

 

浦安市公設公営保育園保育士の先生方へ

 

浦安保育フォーラム会長(氏名非表示)

 

保育士さんとの「交流ノート」ついてのお願い

 

時下、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

さて、平素より子どもたちの有意義で健康的かつ安全な生活のためご尽力頂き、また私たちが安心して仕事に取り組めるようご支援頂き、心より感謝申し上げます。

 

この度、「保育士さんと保護者がお互いの気持ちをより深く理解し、一緒に保育を考えること」を目的として交流ノートを作成し、交換日記のスタイルで毎年更新することで、将来の保護者に伝えたいと考えております。つきましては、保育士の先生方のお考えやお気持ちなどを文章にて賜りたく存じます。ご高配の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

1.内容

 

1) 保育において感じておられることを、項目を自由に設定してご記入ください(別添1)。項目数やページ数に制限はございません。ご回答は匿名化されます。

2)組合員や非組合員のグループ、園長のグループ、個人単位でも結構です。

3) フォーラムから先生方への感謝の言葉や質問などがございます。差し支えない部分のみで結構ですのでお答え頂けると幸いです(別添2)。

4)守秘義務などのコンプライアンスにご留意ください。

5)フォーラムのサイトやアンファンで公開できる程度の内容にして頂けると幸いです。

6)本書類の電子ファイルもございますので、お渡し方法などをご指示ください。

 

2.ご回答の目安 平成25年10月31日 にてお願いいたします。

 

3.ご照会先およびご返信先

ご不明な点などにつきましては、お気軽に各父母会のフォーラム担当にご相談頂くか、フォーラムのホームページ(urayasuhoiku.com)の「お問い合わせ」の窓口をご利用ください。浦安市とのやりとりも順次、更新して公開してまいります。ぜひご高覧ください。

 

ご回答につきましては、印刷物を父母会のフォーラム担当にお渡し頂くか、フォーラムのメールアドレスにお送りください。文章自体は匿名化されますが、念のためご連絡先の先生のご所属とお名前をお教えください。 

 

別添1: ご回答につきまして

 

1.日常の保育では、保護者からたくさんの指摘や要望があるかと思います。しかし、私たちには先生方にお伝えしなくてはならない感謝の気持ちや素直な疑問がたくさんあります。また、私たちが気づいていない先生方の情熱や悩みなどもあるはずです。園長には園長の、クラス担任にはクラス担任の考えがあるかもしれません。しかし、単年度で役員が入れ替わる父母会活動では、懇談会などで同じ質問や要望が先行したり、毎年同じやり取りになってしまったり、議事録だけでは将来の保護者に内容を伝えにくい、という課題がありました。そこで、先生方と保護者とが「交流ノート」として考えを一つにまとめ、このノートを大切に育てて、来年、再来年へとバトンを手渡すことを発案しました。

 

2.方法は簡単です。交換日記をイメージしてください。ご自由にお気持ちを綴っていただくだけです。保護者からのコメントを適当に選んでお答えいただいても、何か話題をご提案頂いても構いません。その年度にお互いを理解して、来年度は、このノートに先生たちや保護者が書き加える形で内容を積み重ねていければと考えております。

 

3.下記は一例です。ページ数に制限はございません。グループでも個人単位でも構いません。組合とフォーラムとのやり取りではありませんので、非組合員の先生方もご参加ください。正規職員や非常勤職員の組合の役員、園長会議のメンバー、副園長や主任の先生方、若手保育士の先生方、サポーターの先生方、すでに離職された先生方など、たくさんの保育士さんからのお気持ちをお待ちしております。

 

 

■ご記入例

 

(保護者からのコメントにないご提案)

1.○○○○は仕方ないですが、現場レベルでは△△△△と思います。

2.園長の立場としては、○○○○せざるをえません。

3.クラス担任としては□□□□に気をつけています。

4.若手保育士です。将来は△△△△を目標にしています。

5.私たちは○○○○を計画しています。保護者の皆さんはどうお考えですか?

 

(保護者からのコメントへのご回答)

1.保護者からのコメント(55)について: 私たちは□□□□と感じます。

2.コメント(51)について、確かにその通りなのですが、やはり○○○○だと思います。

3.コメント(53)△△△△については、お気持ちだけで十分です。

4.コメント(2)について、そのようなお言葉を頂いて□□□□ですね。

5.コメント(24)について: 実は考えています。

 

別添2: フォーラムから先生方へのコメント

 

1.保護者から以下のようなコメントがありました。保護者からの感謝の言葉については、特段ご回答頂かなくても結構ですが、質問の内容については、お差し支えなければご回答頂けると幸いです。引用の際には「コメント(1)」のように書いていただければ記載が楽かと思います。

 

2.複数人からのコメントのため、重複している箇所もあるかと思います。あらかじめご容赦ください。また、職務上、返答が難しいコメントは無視していただいて構いません。

 

3.それぞれのコメントに個別にご回答頂いても、ご自身で設定した項目に含めて頂いても結構です。よろしくお願いいたします。

 

 

■感謝の言葉

 

(1) 子供の名前をすぐに覚えてくださり、ありがとうございます。

 

(2) 子育てに悩みがある場合、アドバイスをいただいたことがあります。豪快に励ましてもらい、救われました。

 

(3) 子供に対して真剣に対応していただきありがとうございます。

 

(4) いつも、朝早くから夕方時間ぎりぎりまでお世話になっています。ありがとうございます。

 

(5) 子供たちみんなが保育園大好きで、朝起きられないときにも「保育園にいくよ」というと起きてくれます。時間外の先生方も好きだから、すぐに起きてくれるのだなと思い、感謝しています。

 

(6) 少し具合が悪くても、様子観察をして下さりありがとうございます。

 

(7) クラスの掲示板に今日あったイベントや日常の写真をすぐ貼ってくださり、楽しかった様子が伝わります。

 

(8) 大袈裟な位、冷却等の処置をありがとうございます。時には日中にお電話いただき、子供が大切にされているのだなと感じます。

 

(9) 連絡ノートに細かくいろいろ書いてくださりありがとうございます。様子が目に浮かびます。

 

(10) 子供たちに愛情をありがとうございます。

 

(11) 子供の誕生日や行事のたびに素敵なカードや制作物をいただき、とてもありがたく思っています。

 

(12) 保育園に預ける事に最初は不安があったものの、預けてしまえばそんな不安はすっかり解消されました。先生方の愛情のおかげです。感謝しております。

 

(13) いつも笑顔と愛情をもって子供達に接してくれて、子供達も先生に信頼を置いているのがとても良く伝わってきます。

 

(14) お迎え時に担任の先生にお会いすると「今日は○○をしてとても上手にできましたよ!」「給食をたくさんおかわりしましたよ!」など一人ひとりの様子を丁寧に教えてくれる事、変わった様子があればすぐに伝えてくれる事、保護者としてとても安心します。

 

(15) 子供一人ひとりの成長に合わせて(例えばトイトレなど)保育してくださり、とても助かっています。

 

(16) 運動会は保護者にとって子供たちの成長を感じるとても良い機会です。まだまだ言う事を聞かない子供達をとりまとめて頂き感謝いたします。

 

(17) 期限を決めて準備しないといけない物や提出物などがあっても中々準備、提出しない保護者に対しての対応、大変かと思います。

 

(18) 仕事としての保育、大変な重労働と思います。皆様のおかげで心置きなく働くことができます。ありがとうございます。

 

(19) 子供の発達に合わせた遊び、工作、運動、生活する上でのマナーなど、多様な活動をしてくださり、とても感謝しています。子供たちも先生方を信頼し、安心して登園できていると感じています。

 

(20) 認証保育園から転園してきましたが、浦安の認可保育園の先生方の明るさ、元気のよさには良い意味で驚きました。先生方が健康で元気であることが保育において一番大切なことであると思います。実際は、職場において肉体的、精神的に辛いと感じることはありますか?

 

(21) 給食の職員さん、保育士さんの「食」への取り組みがとても素晴らしいと思います。(食物アレルギーを持つ子供を預けていますが、個別対応をきちんとして下さり安心して預けることができます。アレルギーのせいもあり、なかなか食が進まなかった子が、今ではすっかり給食も大好きになり、家でも好き嫌いが少なくなりました。とても感謝しています。)

 

(22) 連絡ノートでは日中の様子を伝わりやすく書いて頂いており、工夫を感じられます。時間外での預け、お迎えの状況にある家庭にとってはとても貴重な情報になっています。

 

 

■保育士さんの定着と新規の雇用についての質問

 

(23) 民営保育園に転職したいと考えることはありますか?

 

(24) 保育士の退職等により、保育士の入れ替わりが激しいように感じますが、実際の現場にいる先生方はどのように感じていらっしゃるのでしょうか。

 

(25) 保育士の待遇面が改善されれば、保育士の離職率が減少する可能性はあるでしょうか。また、可能性がある場合、どのような点が改善される必要があると思われますか。

 

(26) どの職種であっても、合わない環境はあります。また、このままでは仕事が続けられないと思い悩むこともあります。しかし、それが理由で保育士さんやサポーターさんたちが離職することはあってはなりません。園長や副園長、主任に相談しづらいことを、秘密厳守で打ち明けられ、必要に応じて他の保育所への転属、もしくは比較的長期の休職などをお願いできるような窓口が浦安市にあったら、利用したいですか?

 

(27) 先生方の保育に対する日々のプロ意識には、本当に感激・感謝しています。子供たちのためにも先生方の肉体的、精神的健康はとても大事だと思います。先生方が困ったときに、匿名性を保ちながら適切に対応してくれるような相談窓口は整備されていますか? 皆さん、利用されていますか?

 

(28) なぜ、退職に歯止めがかからないのか、保育士さんの心理をお伺いしたいです。問題は給料にあるのか待遇にあるのか、保護者との関係にあるのか等。

 

(29) 昨年度に引き続き今年度も長期休暇などで担任の先生が変更になるケースが発生しています。離職率の原因追及とそれに向けた対策が必要かと思います。

 

(30) 浦安市では、常に保育士の募集広告を出しているが、集まらないという現状があります。保育士の先生方は、保育士募集のどの点を重視して応募されるのでしょうか。

 

(31)市は保育士を募集しているものの、なかなか集まらない現状があると回答しています。また離職される方も実際多数いるようです。今後の浦安市保育レベルをさらに高めるためにも、その理由(待遇、組織、働く環境、その他何でも)を、実感として、教えていただけませんか。

 

 

■子ども・子育て支援新制度についての質問

 

(32) 子育て新体制では、幼稚園と保育園の連携が一つの柱になっていると認識しています。幼稚園と保育園の先生は、仕事の内容や目的とすることがどのように違うとお感じでしょうか。また、もし同じ職場になった時には、それぞれの持ち味をどのように組み合わせれば、より充実した内容になるでしょうか。

 

 

■保育園による違いについての質問

 

(33) 市営保育園と民営保育園を比較した場合、保育士にとってのメリット・デメリットがあれば教えて頂けないでしょうか。また同様に、保護者にとってのメリット・デメリットについても考えられることがあれば、教えてください。

 

(34) もし他市の状況についてもご存知でしたら、浦安市営保育園と他市の市営保育園のメリット・デメリットについて、保育士・保護者それぞれの観点から教えてください。

 

 

■保育サービス・内容についての質問

 

(35) その日の様子がノートを通して事細かく保護者に伝わってきます。育児日記のようで今では宝となっております。ただ、以上児になってからはその日の連絡事項のみとなり、さみしい気がします。やはり一人一人に様子を書くことは先生にとってご負担ですか?

 

(36) 配布されるプリントを拝見しますと、クラスごとに目標が設定されて保育に取り組んでおられることを実感しております。何歳だからこういう目標という一元化されたものではなくて、やはりクラスの子どもたちの成長に応じて目標を調整するのでしょうか。すごいと思います。

 

(37) すでに十分にやっていただけているとは思いますが、現状の体制で+αで行える保育サービスはありますか。例) 与薬の種類を増やしたり、保護者が見やすい環境で園での様子を情報公開したり。

 

(38) 三歳以上児のクラスでお昼寝をなくしてほしい!という声がありますが、保育士の負担を考えると難しいことでしょうか。

 

(39) 現在2歳児を預けていますが、お昼寝の時間が長いように感じます。日中寝すぎてしまうと夜更かしにつながることもあるため、1時間程度のお昼寝にしてもらえると助かりますが、お昼寝時間は保育士さんの他のお仕事を進める貴重な時間とも思います。お昼寝時間の短縮は、保育士さんにとって負担増になりますか?

 

 

■保育士さんの受け持ち園児の人数についての質問

 

(40) 保護者からの要望の中に、保育士1人が受け持つ園児の人数を減らしてほしいとの要望があります。現在の受け持ち園児数について、ご意見がおありならお願いします。

 

(41) ひまわり(5歳児)クラスでは担任の先生がお一人です。サポートの先生はいらっしゃるものの、負担は多くないですか?父母からすると、とても大変そうに見えます。

 

(42) 三歳児以上のクラスの対正規職員の数が少ないという意見をよく聞くので、現場で対応している保育士さんの意見や考えを伺えればと思います。

 

(43) 0歳児から5歳児までの各クラスにおいて、保育士何名体制がベストだと感じますか。

 

 

■設備・物についての質問

 

(44) 限られた資源(人や物)のなかで、できる限りのことをしてくださっていること、感謝いたします。資源の少なさゆえにやりたいことが十分にできず、モチベーションが損なわれてしまうといったことがありましたら、教えてください。

 

(45) 園舎や設備に関して、現場の目で改善してほしい点はどんなところですか。

 

(46) 保育資材について、もっとこういうものを使用したい等要望はありますか。

 

(47) 園の設備や備品で必要(今はないもので)とお考えになるものはありますか?

 

(48) 保育士さんの服装は全てご自身で管理されているかと思いますが、衛生面の配慮も必要かと思いますし、気を遣われるのではないかと思います。負担感はありませんか?服の支給などが必要と思うことはありますか?

 

 

■緊急時の対応についての質問

 

(49) 不審者が現れたときの対策で、さすまたを使い保育士さんが訓練する姿を見かけました。子供達を守ろうと一生懸命訓練している頼もしい保育士さんに感動しました。

 

(50) 現在、公立保育園では数名の男性保育士さんがいらっしゃると聞いております。女性保育士さんからすると、(防災対策や不審者対策等において)男性保育士さんが増えた方が良いと考えますか?

 

(51) 武道経験のある男性保護者です。送迎時に悪意ある人物が園内に侵入した際にはお手伝いします。男性保護者がいる時には、仕事だからといって無理に立ち向かわず、とにかく子どもたちの安全を最優先して、避難や通報をお願いします。

 

 

■時間外の保育についての質問

 

(52) 早番、遅番の先生の負担が気になります。特に小さなお子さんがいらっしゃる先生はなおさら大変かと思いますが、お気持ちお聞かせください。

 

 

■そのほかの質問・コメント

 

(53) 公設公営の保育士さんたちは、市の職員としての仕事というよりは、何か使命感をもって多忙な保育にあたられている気がします。そのプロ意識の根底にあるものは何なのでしょうか。

 

(54) 若手の保育士さんに質問があります。実弟が別の自治体で消防士をやっています。それなりに収入も安定して、優しくて、体格の良い男前なのですが、仕事が忙しくて、勤務時間も融通がきかず、出会いがなく、結果、未だに独身です。保育士さんも同じように忙しいと思いますが、家庭を持つために、もう少し勤務形態に配慮してほしいということはありませんか。

 

(55) 当フォーラムのホームページには相談窓口を用意してあります。私たちの子どもの生活に関わることですから、何かありましたらお気軽にご相談ください。匿名化や情報管理への取り組みについても当ホームページに掲載しております。

 

(56) 保育士さんから保護者への要望はありますか。忌憚のないご意見を伺えればと思います。