各父母会の紹介

浦安市は埋め立てによって拡大しましたので、地域によって保育園や周囲の環境、父母会の雰囲気などに興味深い個性があります。

 

■元町地域

当代島  猫実

■中町地域(第1次埋立地域)

入船  富岡  東野

■新町地域(第2次埋立地域)

高洲  日の出

 

当代島保育園父母会

当代島保育園は東西線浦安駅に近い、元町にあります。地元の方との交流もあり、夕涼み会では、婦人会の方と一緒に盆踊りを踊りました。また、未就学児を対象とした、園庭開放『ふれあいひろば』も毎月開催され、地域の方と園児が交流を持つ機会が設けられています。保護者向けには、保育参観、給食試食、運動会参観、等があります。


園庭は広く公園が隣接しており、天気のよい日には子供たちは公園を走り回っています。また、入り口にはツバメが巣をつくっており、毎年、園児たちが楽しみにしています。


園庭の遊具は、砂場、鉄棒、滑り台です。三輪車、スクーター(足で蹴る乗り物)、ビールケース(テーブル代わりにしたりします)等もあり、学年を超え、みんなで仲良く遊んでいます。

 

(ロゴは2009年までの当代島保育園父母会のホームページから引っ越しました)

 

猫実保育園父母会

猫実保育園は、東西線浦安駅からほど近く、利便性の高い立地でありながら、ひっそりとした住宅街の中にあり、比較的静かな環境です。保育園の歴史は古く、1979年に開園したその園舎は、歴史的すぎるという声もあるほどです。しかしながら、その園舎に愛着を感じる父母も多く、予定されている大規模改修(2013年7月31日現在)が楽しみでもあり、ちょっぴり寂しくもあります。

 

猫実保育園では、園主催の行事も多く、節分やひなまつり、七夕やスイカデーなどの季節に沿った行事や誕生日会、運動会、遠足やお楽しみ会などもあり、忙しい父母に代わって、子供たちに様々な体験をさせて下さっています。

 

猫実父母会は穏やかで協調的であり、和気あいあいとした雰囲気に包まれています。父母会では毎年、園舎をお借りし、「夏祭り」などのイベントを開催しています。職員も一部ご参加いただいており、子どもたちも楽しみにしている行事です。

 

また、4年に1度の三社祭りでは、地元自治会の協力のもと園児たちも参加し、お神輿を引っ張るなど、地域との交流を図る場もあります。そのため、三社祭り開催年には、三社祭り委員を設置するほどの力の入れようです。今後とも、より良い保育環境を目指して活動して参ります。

 

入船保育園父母会

入船保育園は、新浦安駅徒歩数分のシンボルロード沿いに立地する保育園です。賑やかな駅近くですが、園の門を入ると大きな園庭があり、広々とした空間が広がっています。この広い園庭を活かし、年4回「おもしろ園庭」と題していつもと違った園庭あそびを企画し、その季節ならではの素材やテーマに沿ったあそびを行っています。

 

その他の園の取り組みとして、園児が「食べる楽しさ」、「食べ物の旬」、「伝統食や季節の食事」を学べるよう食育にも力を入れており、クッキング、出前おやつ(おにぎりなどを園児の前で作って渡すもの)、おやつバイキング、野菜の栽培などを行っています。

 

また、緊急時対策として毎月避難訓練、防犯訓練を実施していますが、年に1度は消防署の協力で消防車が園庭に入り訓練を実施しており、園児にとっては特別なイベントになっています。その他、運動会、遠足、夏のプール遊び、七夕会やクリスマス会など、一年を通して様々な行事が行われています。

 

入船保育園保護者会では園児の健全な成長を目的とし、各クラスでの茶話会による親子交流や夏祭りなどのイベントを実施しており、各役員の協力のもと保護者を含めた交流の機会を提供しています。

 

(ロゴは2004年までの入船保育園父母会のホームページから引っ越しました) 

 

富岡保育園父母会

富岡保育園は、昭和58年に創立された市内では比較的歴史のある園です。保育園の周りには大規模な団地があり、町の発展とともに歩んできました。幼少時に富岡保育園に通い、親子二代で園にお世話になっている保護者もいます。

 

園舎の古さは否めませんが、のびのびと子供たちが遊べる園庭は富岡の大きな自慢の一つです。(運動会は大いに盛り上がります!)

 

地域とのつながりも強く、お祭りへの参加や、近隣にお住まいの方が保育サポーターさんを勤めて下さっており、子供たちが安心して生活できる環境が整っています。

 

先生方も気さくで楽しい方が多く、時には厳しく、時には優しく、とても熱心に保育をして下さり、子供たちとの信頼関係も抜群です。園では春には遠足、夏には七夕・プール・水遊び・スイカ割り、秋には運動会、冬には節分や雛祭りなどなど、イベントも盛りだくさんです。

 

私たちの父母会活動は、会員全員が働く親であり活動時間は限られていますが、「こども祭り」や園周辺の安全パトロール、保護者同士の交流会などの行事を積極的に行っています。

 

東野保育園父母会

東野保育園は浦安郵便局の東側に位置し、東野小学校と隣接しています。近くには、東野プール、園児も利用する東野北街区公園、スーパーのOKストアもあります。市役所からは一番近い公立保育園です。駅からは少し遠い場所に位置しますが、ベイシティバスやお散歩バスのバス停の目の前です。

 

園庭は比較的広く、ブランコ、滑り台、砂場があります。また東野小学校の庭とも隣接し緑豊かの中で子供達はのびのび遊んでいます。ミカンの木ではアゲハチョウの幼虫を育て羽化の観察を行ったり、柿の実もなって秋には柿の実狩りも行います。今年は子供達がたくさんの野菜と花を植えました。園内はホール前の廊下がとても広くとられており、ガラスブロックや天窓で明るい雰囲気の中、子供達の元気な声が響きます。

 

東野保育園は比較的ベテラン保育士が多く、経験豊かな保育士が子供たちの様々な対応に応えています。公立保育園としては数少ない一時保育を取り入れており、地域にも役立っております。

 

園の行事では、秋の運動会、お弁当遠足、境川クリーン作戦への参加、東野小学校との交流会等を行い、父母会主催のイベントでは、バザーや記念植樹、2013年度においてはピエロのほっほさんショーを予定しています。

 

東野保育園父母会は経験者が積極的に役員となって未経験者をサポートし、助け合いとまとまりのある父母会です。クラス別に茶話会も開催し父母間の交流も深めています。また、先生方とも積極的に意見交換を行って「何より子供達のために!」をモットーにより良い保育環境を目指して活動しております。

 

(ロゴは2011年までの東野保育園父母会ホームページから引っ越しました)

 

高洲保育園父母会

高洲保育園は、新浦安駅から高洲海浜公園方面行のバスに乗り、10分程のところにあります。近くには、通称「カメ公園」(漁業記念公園)や「オムレツ公園」(太陽の丘公園)、とても広い高洲中央公園、園内に吊橋や木の遊具がある今川トリム公園等、そこかしこに公園が豊富にあり、いずれも園児たちのお散歩コースです。

 

園庭での恒例の風景として、「クラス間交流や縦割り保育の実施」等で、クラスの半数が同学年間で入れ替わって遊んだり、上下のクラスのお友達とグループを組んで遊んだりと、クラス内だけではなく、園全体で仲がいいのが高洲保育園の特徴です。

 

高洲保育園の給食室はガラス張りになっており、これは敢えて食育を兼ねて作られているそう。園庭から遊び疲れおなかをすかせた園児たちが、ガラス窓に張り付いて給食士さん達がお食事を作っている姿を見ています。高洲保育園は設立間もない園で、こうした新しい取り組みがあるのも嬉しいポイントです。

 

子育て支援事業の一環で、在園児保護者には、お迎え前にお茶を出していただき ”ほっとひといき”する機会を作って頂いたり、不定期で開催される職員によるトーンチャイムの透き通った音色に、親子ともども癒されています! 地域の保護者には一時保育や子育て支援センター、園庭開放などのサービスが提供されています。

 

保育園に隣接する高洲北小学校では、「みんな元気に遊ぼう会(運動会)」の実施、高洲クラブや澁谷教育学園浦安幼稚園との交流など、地域との交流も盛んです。

 

高洲保育園父母会は、経験者からのアドバイスを頂きながら、未経験者の方も積極的に意見をだし、子供たちの笑顔のため、楽しい企画を考えています! 各クラスの茶話会をはじめ、音楽会やクリスマスのサプライズイベント、演劇鑑賞もその一つです。

 

保育園児たちは、高洲保育園の保育目標『子どもらしい子ども』にあるように、のびのびと暮らしており、当父母会でもその実現の為に日々活動しています。

 

日の出保育園父母会

こんにちは、日の出保育園父母会(正式名:父母の会)です。私たちは、日の出保育園に在園する園児の保護者が中心となり、活動しています。父母会の活動はお母さんが中心かな、と思われるかも知れませんが、日の出保育園の場合、お父さんも役員の半数を占め、各種イベントで先頭に立つなど大活躍です。

 

父母会の活動をいろいろと相談する運営委員会では、会長を中心とし、経験豊富な上級生の父母の意見を取り入れることで柔軟に変化しつつ、普段の仕事でばっちり培った会議のノウハウや育児・家事と仕事を両立するための時間管理術をふんだんに活用し、仕事以上に活発で効率的な話し合いを実現しているほか、園舎をお借りして実施している夏祭り、秋のイベント、卒園を迎える園児のための記念品・イベントでも、保護者がそれぞれの特技を最大限発揮して、子供たちを楽しませています。

 

活動の拠点となっている日の出保育園は、浦安市の新町地区に位置します。日の出には、高層マンションがいくつも立ち並び、在籍する園児もいわゆる「団地っ子」が多いですが、保育園自体は閑静な住宅街である碧浜の一角にあり、近隣にある多数の公園や緑豊かな自然にも囲まれ、子供たちは毎日、元気一杯過ごしています。立地柄、海辺の公園へ遠足に出かけたり、近隣ホテルへとクリスマスの装飾を見に行ったりなどは、日の出の特長の一つと言えるかもしれません。

 

日の出は市内でも比較的新しい街で、海側では新規の開発が進むなど、変化も激しいですが、父母会では、先生方、地域の皆様の協力を得て、守るべきものは守り、変えていくべきものは変えるなど、子供たちが豊かな幼少期を過ごせるよう、取り組んで行きたいと思います。

 

(2015年4月~ 休会中)